2010年07月21日

佃 公彦さんの心に残るクルマ“Citroen 2CV”

DSCF7961.JPG

佃公彦(つくだ きみひこ)さんが亡くなったとは…。享年80歳。
故郷北海道の『北海道新聞』(他中日新聞、東京新聞等に連載)の4コマ漫画『ほのぼの君』(07年まで連載、日本最長記録の新聞漫画)を読んでいた昭和30年代生まれの世代としては、寂しいかぎりです。

自分には佃公彦さんとお会いしてお話させていただいた思い出があります。
17年ほど昔の話です。先輩と多摩川沿いの『コレクション』に行きました。当時はアルファロメオ・チューンで有名で、廃刊となってしまった雑誌『NAVI』でもちょくちょく取り上げられていたショップです。
そこに偶然、佃さんがお客さんでいらしていたのです。
佃さんが乗っていたのはアルファではなく、明るいグリーンに塗装された(御本人はカーキ色としていますが自分にはそう見えました)シトロエン2CVでした。「いろいろいじってあります」とお話しされていましたが、自分の記憶に残っているのはウェーバーのキャブレターに換装されていたことと、装着されていたエア・ファンネルが、いぶし銀のように光っていたことです。
あとは何を話したのか、緊張してしまって記憶にありません。ただ佃さんは、「2CVを相当に気に入っている」ことをいろいろ話してくれました。その一方で自分のような弱輩者の戯言も顔をしかめることなく聴いていただいたことは覚えています。それと、とてもオシャレな格好だったことも。
これまた偶然なのですが、多摩川でお会いした翌年に参加した『フレンチ・ブルー・ミーティング』でも佃さんと再会することができました。
その後、自分も2CVを運転するようになり、佃さんが話していた2CVの素晴らしさを短い期間でしたが味わうことができました。


さて1992年、あのカーグラフィックが30年の記念誌『ひと・クルマ・30』を発刊しましたが、その中のメイン記事『私のお気に入り』に寄稿した佃さんは「もっとも心に残る1台」として“Citroen 2CV”を選んでいました。

続きを読む
タグ:CITROEN
posted by ジャンニ at 00:35| Comment(0) | フランス車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

CITROEN BX でニュルブルクリングをぶっ飛ばす!!


見事に蹴散らされる、ポルシェ911やフェアレディZ…まことに痛快な映像ですなぁ。フランス車好きとしては思わず留飲がさがりました。

それもそのはず、映像で走っていたシトロエンBX19GTIはストックで乾燥重量870sのボディに2リッターOHC,120psのエンジンを搭載。速いはずです。自分はシトロエンBXのGTiに乗っていましたが、こいつは車検証によれば1093sのボディに2リッター160psのDOHCエンジンを搭載していましたから、現行のアバルト500(車重1330s、135ps)よりも圧倒的に速いクルマだったわけです。もちろん esse esse よりも速い!!
そのかわり、安全装備はエアバッグも何にも無かったわけで…車重が軽いのもその所為なのですがね(苦笑)。

CITROEN BX.jpg
タグ:CITROEN
posted by ジャンニ at 02:06| Comment(0) | フランス車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。