2010年07月16日

ABARTH Head Quarters

R0010421.JPG

憧れのアバルト本社です。昔のようにコルソマルケ通りにはありません。フィアット・グループ本社工場の一角にあります。

エントランスには、アバルトが手掛けたクルマが数台展示されています。

R0010429.JPG

R0010420.JPG
“FIAT ABARTH MONOPOSTO RECORD”1965
1965年、カルロ・アバルト自らがドライバーとなって0−400と500m加速クラスG記録を達成したマシーン。1リッターと2リッターの2台があるのだが、展示車両がどちらだったか失念。


R0010431.JPG
“FIAT 131 ABARTH RALLY”


R0010432.JPG
R0010435.JPG
“FIAT ABARTH 124 RALLY”


R0010439.JPG
R0010440.JPG
“FIAT ABARTH 1000 RECORD”1960
直列4気筒DOHC,982cc,108HP/8000rpm.
国際クラスGの世界記録達成に9人のドライバーが交代でモンツァにてチャレンジ。連続10,000qを52時間16分21秒2、平均速度194.376q/hで見事に新記録を樹立した。
ボディはピニンファリーナが風洞実験で得たデーターをもとに空力研究を指揮、苛酷なテストを繰り返してリファインされたもの。


R0010443.JPG
R0010445.JPG
“FIAT ABARTH 750 RECORD”1956
直列4気筒OHV,747cc,47HP/6000rpm.
ベルトーネ在籍時の鬼才フランコ・スカリオーネによる空力を重視したデザイン。
クラスHの24時間連続走行速度記録を4人のドライバーが交代でチャレンジし、3763.642qを走破、平均速度は156.985q/hという世界記録を樹立している。


R0010448.JPG
R0010449.JPG
“FIAT ABARTH 750 GT ZAGATO”
直列4気筒OHV,747cc,43HP/5800rpm.


ファクトリー内は撮影禁止。中では500アバルトのアセット・コルサやラリー仕様が製作中でした。1日7台が完成するとのこと。


社内には、カルロ・アバルトの執務室を模した部屋があって、各自記念写真を撮りましたよ。
R0010458-1.JPG


R0010451.JPG
R0010425.JPG
中庭にある誇らしげな言葉がアバルトの誇りと輝かしいであろう未来を物語っています。

“NOTHING IS LIKE AN ABARTH. SIZE,SHAPE,SPEED AND SPIRIT!”
タグ:Abarth
【関連する記事】
posted by ジャンニ at 14:26| Comment(0) | イタリア車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。